|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像
悩み別!お薦めキャットフードを紹介!

ここでは、目的やお悩み別に最適なキャットフードをナビゲート。
もちろん参考にするだけでもOKです。
まずは気になる項目に目を通してみてください。

-------------------肥満-------------------

画像

人間と同様に肥満は様々な病気の原因となってしまいます。
早急に解決したい悩みの一つと言えるでしょう。

飼い主さんが適切に給餌量をコントロールしてあげるというのも解決までの必須項目の一つです。 しかし、それだけでは改善されないこともあります。

それは従来の安価なフードには劣悪な品質の油分が使われているから。
そんなキャットフードを与えていると、お腹まわりにタプタプとした贅肉がつくことも。
弾力のあるプニプニの肉で肋骨が触れないほどの肥満は即対策が必要です。

この悩みに対しては【カナガンキャットフード】がおススメです。
グレインフリーのレシピですし、使用されている原材料もヒューマングレードなので、体質改善を大きくサポートできます。
ただし、このフードを使っても飼い主さんの給餌量コントロールは絶対に必要です。

-------------------虚弱-------------------

身体が弱く、虚弱体質だとどうしても病気になりがちです。
栄養満点のホリスティックフードで病気を未然に防げる元気な身体をつくってあげましょう。
例えば、【オリジン】はおススメの一つです。

アレルギー体質に悩んでいる場合は安価なフードに含まれる穀類が原因になっているかも知れません。 猫の場合、穀類の摂取は皮膚への悪影響や消化器官への負担が懸念されています。
グレインフリー(穀物不使用)の【カナガン】を試してみてください。

-------------------嘔吐-------------------

毛玉を吐く以外でも頻繁に嘔吐する猫ちゃんは少なくありません。
実は、これも劣悪なフードの悪影響。
劣悪な油分が胃へ負担をかけている可能性が高いと考えられます。
また、穀類が消化器官に負担をかけた結果かもしれません。

胃への負担を減らす為に原材料の品質が高いものを選ぶのなら【カナガン】や【オリジン】が最適。 【カナガン】の場合は特に穀類不使用で消化器官に優しいのがメリットです。

-------------------下痢-------------------

猫の健康状態は便で見分けることができると言われるほど、便は体調を表してくれます。
もちろん下痢は体調不良が起きている状態。
特定の病気・疾患の可能性もありますが、まずは未病や風邪を疑うべきでしょう。
いずれの場合でも食生活の改善は猫の健康にとって非常に有意義です。

カナガン】は栄養バランスを徹底して考えたレシピを採用している点などから下痢が改善されたという口コミも多いです。

-------------------偏食-------------------

画像

偏食は単純に好き嫌いの問題である場合が多いです。
ただし、ホリスティックフードに切り替えるときはこれがちょっとしたネックになります。

ホリスティックフードは一般的に食いつきが悪いと言われているからです。
これは、人間用の使い古しの油が使用されている従来のフードよりも味・匂いが薄いからなのだとか。
使い残しの脂に残った味と匂いの方が猫にとっては美味しそうに感じるそうです。
(ホリスティックフードの良質な油は匂いや味が薄い・・・)

しかし、かと言ってそれを与えていては、いつか健康を損ねてしまいます。
できるだけ食いつきに関しても評判の良いホリスティックフードを選んであげるのが最適な手段でしょう。 食いつきにも定評がある代表的なフードには【カナガン】が挙げられます。

ラム:手作りはダメなの?
画像

手作りの良いところは「原材料や添加物」などのリスクを自分の手で排除することができる点。
産地・環境などなど様々なポイントを自分で選んであげることができます。

猫の安全の為なら手間を惜しまない・・・という人であれば、一見したところでは最高の手段です。

しかし、実は手作りには【手作りのデメリット】が存在します。
それが栄養のバランスをとるのが非常に難しいということ。
ホリスティックフードはもちろんのこと、一般的なキャットフードメーカーでも栄養バランスに関しては十分な研究が行われています。
それを素人である私たち飼い主が手作りで再現するのは非常に困難と言えるでしょう。
栄養不足・栄養過剰のリスクがかなり大きくなります。

もちろん手作り食自体は素晴らしいこと。
私もたまに料理して猫たちに振る舞っています。
しかし、カナガンが基本のメニューで手作りはあくまでオヤツ程度、頻度も少な目です。
私は手作り食は猫とのコミュニケーションツールだと思っています。

手作りはオヤツ程度に留めて、メインのメニューにするのは避けた方が良いでしょう。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.