|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

キャットフードの栄養素

猫は年齢によって必要な栄養素が違うのをご存知ですか。
キャットフードは「子猫用」「成猫用」「シニア用」などと猫の年齢に分かれて作られていますので、猫の年齢にあったフード選ぶことは難しいことではありません。
今回は一番長い間食べることになる「成猫用」を例としてみてみましょう。

タンパク質は、肉食動物である成猫の健やかな成長や筋肉の形成に重要な役割があります。
被毛、皮膚、爪、筋肉、内臓はそのほとんどがタンパク質から構成されるのですから、欠かすことはできません。
体を作る元となる栄養素といえるでしょう。

猫が体内で作ることができないため、食べ物から摂取するしかないのが必須脂肪酸です。
オメガ6脂肪酸のリノール酸、アラキドン酸などがありますが、これらは成猫の健康、皮膚、被毛、再生機能、代謝機能を維持するために必要なものなのです。
また猫の皮膚と毛並みを健康に美しく保つのに大切な成分でもあります。

猫に推奨される骨や歯を作る成分にカルシウムとリンがあります。
カルシウムとリンの比率は1:1から2:1の間だとされており、バランスが崩れると健康を損なうことも考えられています。

ミネラルは成猫の歯や骨を強くし、代謝機能を高めてくれます。
ミネラルの中でも特に必要なのが、カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウムですが、鉄、銅、マンガン、亜鉛、セレンといったミネラルも微量とはいえ必要になります。

ビタミンは成猫の視覚、骨の成長、代謝機能にと、体内で血や肉になったりエネルギーになったりするときにその働きをスムーズにする役割を果たしてくれます。

炭水化物は成猫のエネルギーになり、体内でグリコーゲンとして貯蓄されます。

繊維質は腸の健康維持に役に立ち、繊維質を摂ることで善玉菌が増えたり、体内に入った毛玉を押し流したりして、快便になります。
これらは最低限に必要なことでありますが、すべてのキャットフードに入っているとは限りませんので、ラベルなどをきちんと確認して選びましょう。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.