|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

一般的なキャットフードの種類

キャットフードには、栄養分を混ぜて乾燥させたペレット状のドライフード、肉や魚を主体に缶詰めやレトルトパックにしたウェットフード、そして両方の特性を持つ半生のセミドライフードなどが揃えられています。

ドライフードは水分が10%以下に抑えられたカリカリのフードです。
価格的に安価で、保存できるうえに、栄養のバランスが優れていますし、歯ごたえがあるので歯石の予防にもなります。
主食向きです。
開封したら酸化が始まるために、開封後は直射日光を避けて密閉保存するようにしましょう。

ウェットフードは水分が75%以上の缶詰やパウチ・アルミトレイなどに入ったフードです。
生の素材に近い食感で嗜好性は高いのですが、保存が難しく、価格的に高価です。
また栄養のバランスがとりにくいことなどが欠点だったのですが、最近ではウェットフードにも栄養バランスの優れたものが増えてきているので、主食にとして十分に通用します。
残した場合はラップして冷凍保存しか手がなく、レンジなどの解凍手段を持っていないと困ってしまいます。

セミドライタイプは、水分25〜35%で水分保持のため潤滑調整剤が使用されているフードです。
硬さ、価格などの色んな面でドライフードとウェットフードの中間の物で、長所も欠点も両者のちょうど中間的な存在で、主食としてもよく食べられます。

製造工程がそれぞれ違うセミモイストタイプとソフトドライタイプがあります。
発泡していないフードで、品質保持の為に砂糖や防カビ剤等の添加物を使用しています。

主食の他におやつタイプのフードがあります。
おやつを与えることは、猫とのコミニュケーションをとるうえでも大切です。
ただし、与え過ぎてはいけません。

いくら可愛くても猫のためを考えるのなら、決められた量を守りましょう。
与えすぎは肥満や生活習慣病に繋がるので注意してください。
特に人間が食べているものは、猫にとっては刺激が強いものが多いですので、ねだられるままに与えないようにしてください。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.