|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

効率よいキャットフードの選び方

「キャットフードの価値について」のページでも説明しましたが、一番大事なのは栄養です。
「総合栄養食」のタイプのフードと水があれば、猫が必要とする栄養素をすべて満たしてくれる食事を提供できます。

ほとんどのドライフードはこの「総合栄養食」ですし、価格的にも他のウェットフードなどよりも安くなっています。
ただしすべてがそうとは限りませんので必ず、ラベルを確認するようにしてください。

また猫にカリカリのドライフードは食べさせられないと、普段から美味しいウェットフードなどを与えていると、ドライフードを食べなくなってしまいます。
そうなってしまいますと食事を時間通りに与えられない時や旅行など、食事を与える人がいないと困る状況になってしまいます。

またドライフードには歯石をとるという効果もありますし、硬いものを食べないと顎の力や噛む力が弱くなってしまいます。
ドライフードをメインに、ウェットフードなどを与えるようにしてあげましょう。

間食として、おやつやスナックなどを猫の気分転換やご褒美として少量与えるのも、猫とのコミュニケーションも取れます。
しかし嗜好性の高いものが多いので、あげる時には「理由」や「時間」や「量」を決めた方が猫にとっても良いかもしれません。
目安としては1日あたりの必要カロリーの20%以下に抑えることがいいですし、与えすぎると肥満になってしまいますので注意しましょう。

次に最近、猫の年代に分かれたキャットフードが多いことは御存じですか。
「子猫用」「成猫用」「シニア用」などは当たり前ですし、最近では年齢別や、室内の猫専用などもあります。
確かに年齢や環境は体に大きく作用するといってもいいので、ある意味、きちん体にあったキャットフードを選ぶことができると言ってもいいでしょう。

飼われている猫は飼い主が用意してくれる食事がすべてといっても過言ではありません。
きちんと体にいいものを考えてあげたいものです。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.