|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

目的食のキャットフードとは

目的食のキャットフードというのは、特定の栄養素やエネルギーを補給するために与えるフードで、特定の栄養の調整やカロリー補給、嗜好増進などが主な目的となっています。

総合栄養食、間食のどちらにも当てはまらないフードで、それだけを主食にするのには適してはおらず、おかずやふりかけタイプの「一般食」「副食」、特定の疾患や疾病に対する食事療法のために栄養バランスが考慮され
ている「療法食」、特定のカロリー補給を目的とした「栄養補助食」などがあります。

「一般食」「副食」を与える場合は、そればかりを食べさせると成長に不可欠な栄養素が不足する場合もあるため、「総合栄養食」と併用して与えるようにしたり、おやつやトッピングとして利用の利用も高いですが、あま
り与えすぎないようにした方がいいでしょう。

ただし食が細くなったり、食事に興味を持たなくなってしまった猫には、バラエティーに富んだ「一般食」からフードを選んだりして、興味を持つものや食欲を促すものを探して食べることを楽しいと思わせましょう。
他に最近はで、毛球ケア用、歯垢がつきにくくなる用、妊娠・授乳期用、アレルギー対策用、胃腸の弱い子用、猫種別様専門フードなどと幅広く種類があります。
猫によって必要とされる場合は使うのも良いでしょう。

「一般食」「副食」はいわばおかずタイプといってもいいもので、嗜好増進といった目的で与えるペットフードであり、おかずとして「総合栄養食」といっしょに与えてやるのがよいでしょう。
後は味を変える「ふりかけ」等としてもよいです。

「栄養補助食」は特定の栄養の調整やカロリーの補給などを目的としたキャットフードであり、栄養補完食、カロリー補給食、動物用栄養補助食などとして与えることが多いでしょう。

「特別療法食」は特定の疾患や疾病などに栄養的に対応するために栄養バランスが考慮され、専門的なアドバイスや処方に従って与えられるキャットフードの病院食といえます。
獣医の言うことをきちんと守ってあげるようにしましょう。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.