|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

総合栄養食のキャットフード

総合栄養食のキャットフードとは、日本のペットフード公正取引協議会で定める総合栄養食はAAFCOの基準をクリアしているもののことです。
通常、総合栄養食と水があればそれだけで成長・維持することが出来るというほどに全ての必要な栄養素を兼ね備えたもののことをいいます。

総合栄養食のうちエコノミーフードは比較的低価格で量販店でも購入できるものです。
一方、プレミアムフードは比較的価格が高く、原材料のこだわりや製法に独自の技術を持っていますので、ペットショップや動物病院などで販売されており、量販店などでは販売されていないものが多くあります。
ですが、こちらの方が猫の体には十分な栄養を与えられるのは確かです。

ラベルをよく見て、間違えずに総合栄養食のものを選びましょう。
特にエコノミーフードは量販店で圧倒される種類の中に混ざっているために、間違えやすさがあります。
ご注意ください。

総合栄養食のキャットフードにも色々な種類があります。
ドライフードは、製品水分10%程度以下のフ製品水分10%程度以下のフードであり、加熱発泡処理されたほとんどが固形状のものになります。
水分含有量が13%以上では、カビが生えたりするので12%以下に保つ必要があり、多くの種類は水分含有量10%以下となっているものが多いです。

ソフトドライは、製品水分25〜35%程度のフードで、加熱発泡処理をされてはいますが、しっとりさを保つために湿潤調整剤が使用されています。

セミモイストフードは、製品水分25〜35%のフードで、押し出し機などで製造され、発泡していないのですが、やはりしっとりさを保つために湿潤調整剤が使用されています。

ウェットフードは、水分75%程度で、品質保持のために殺菌工程を経て、缶詰にされたフードやアルミトレーやレトルトパウチにされたフードになります。
これらはどれを選んでも栄養分が十分ですが、おかずの「副食」が好物などという場合は総合栄養食の量を減らすなどして、与えてあげましょう。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.