|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

猫に食べさせてはいけない食べ物

猫に食べさせてはいけない食べ物の代表的なものとその理由です。
まずは、ねぎ類、特にたまねぎや長ねぎなど、そしてニラやにんにくは、
量によっては赤血球を破壊し、赤血球中のヘモグロビンを溶出させ、貧血、血尿になります。
生は勿論、加熱しても駄目です。
万が一食べてしまったら念のために病院へ行ったほうがいいでしょう。
人間の食べ残したものに含まれる事が多いので注意してください。

スルメなどは猫が大喜びで食べるでしょうが決して与えてはいけません。
スルメは乾燥しているために小さく見えますが、食べさせてしまうと胃で水分を吸収して、何倍にも膨れてしまうのです。
結果として消化できずに途中でつまったり、膨急性胃拡張を起こします。
イカ、タコ、エビは与えてはいけない代表とまでいわれています。
消化不良や下痢、嘔吐の原因になり、特に生のままでは消化不良を起こすといわれています。

アワビ、サザエ等の貝類も猫が食べると毒素を持っていることがあるので、中毒が発生するものがあります。
皮膚病になったり、耳がかゆくなって壊死したりします。海草でも同じような症状が出る事もまれにありますので注意してください。
鶏、豚、魚の骨などは食べそうに考えがちですが、鶏の骨は噛み砕くと細く割れてとがってしまい、
食道に刺さる可能性があるので危険です。豚の骨も同じことがいえます。
魚の骨は大きいものをそのまま飲み込んでしまうと刺さる危険が高くなります。

生卵は酵素の一種であるアビディンを含んでいるので、皮膚と毛などに問題を起こしてしまいます。
またサルモネラ菌を含んでいることもあります。ゆでた卵でしたら問題ありません。
チョコレートやケーキなどの甘いものは、中枢神経を刺激し、悪影響を与えます。
肥満や糖尿病になる恐れがあり、心臓の負担にもなります。嘔吐や興奮したり、摂取量や体質によってはてんかんを引き起こすこともあります。
塩分の多いものは、心臓病・肝臓疾患の恐れがありますので、塩コショウで味付けされている味の濃い食べ物は与えないでください。
魚の塩焼きなども絶対に駄目です。

他にもまだまだたくさんあります。
猫に与える前に少し調べてみてはいかがでしょうか。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.