|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

キャットフードのタイプ

キャットフードは「総合栄養食」のものが猫の主食として最もふさわしく、栄養バランスに優れています。
その中でもよく食べられているのはドライフードタイプです。

約10%以下の水分量が少ない痛みにくいうえに、室温での保存も可能で、適度な硬さがありますので、歯石や歯周炎の予防にもなりますし、歯や顎も鍛えられます。
1回あたりの食事にかかる費用も安く経済性に優れていながらも、猫の成長に必要な栄養素をバランスよく含んでいます。

また忙しくて食事の時間が遅くなった時などに置いておくことも可能ですので、このタイプのエサが食べられるようにしておくことは必要です。
いざという時の非常食にもなります。
ただフードの水分が少ないため、食事中にいつでも水が飲めるようにしておいてください。

人気といえばウエットフードタイプです。
水分が約80%程度の缶詰やパウチタイプのフードで、 肉や魚が主原料とするものが多く、たんぱく質や脂肪を摂るのにとても効率的です。
本物をそのまま使っているので、猫の食いつきが良く、食欲不振時にも効果的です。
1缶または1パックで1食分の量となっていますので、与えすぎや食べ残しなどの無駄もありません。

ドライフードタイプよりも価格は高いですが、開封前の缶詰の状態で長期保存できるので、まとめて買い置きすることも可能です。
ただしドライフードタイプとウエットフードタイプには「総合栄養食」でないものも多くありますのでよくラベルの確認をしてください。

高級で美味しいといえば、プレミアムフードタイプです。
原材料がレギュラータイプと比べて厳選されたものが使われており、猫の健康維持に必要な成分が配合されていることが多く、栄養的にもまた猫の味覚的にもかなりいいものです。
勿論開封しなければ日持ちもしますが、お値段的には一番高くなっていますがその分の価値はあるでしょう。

ただこのタイプばかりを食べさせていますと、歯石は溜まり噛む力が弱ってしまいます。
普通にドライフードタイプが食べられる程度にはドライフードも食べさせましょう。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.