|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

キャットフードに入れてはいけないもの

キャットフードは「総合栄養食」のものを選び、水を添えてあげれば猫の食事としては完璧です。
それでは可哀そうと感じるのは自分たちが様々なものを食べているからでしょうし、ねだられると与えたくなるからなのでしょうが、我慢をしないととんでもないことになってしまうのは猫の方なのです。

特に「猫に食べさせてはいけない食べ物」のページでも説明したようなものを食べさせてしまいましたら、病気になりかねないのです。
例えていうならば、魚を食べていると寄ってくるのではないでしょうか。
そういう時には、塩焼きやみりん焼きなどの味の付いた魚でないことや、醤油などがかかっていないこと、骨がないことを確かめて少量なら大丈夫です。
猫にとっては味の濃いものは体によくありません。

それに美味しいものの味を覚えてしまうと、それ以下のものは食べなくなるという少しばかりグルメなところがありますので、注意してください。
キャットフードは主食だからとおかず的な意味で、自分のおかずを分けてあげようとしてもいけません。
「総合栄養食」のキャットフードだけで主食(ご飯)も副食(おかず)も兼ねています。

また人間の食事は総じて猫にとっては味が濃いものが多いのです。
味が濃いものを食べた猫は吐き気をもよおしたりして、健康を損なう恐れがありますので、絶対にやめてください。

また水の代わりに牛乳を与える人もいます。
まだ猫用ならいいのですが、人間が飲む牛乳はラクトース(乳糖)を多く含んでいるために、体内で消化しきれないと下痢の原因となってしまいます。

そして絶対に「ドッグフード」を間違えて与えないでください。
ドッグフードを与え続けると、体調を崩し最悪の場合失明することまで起こります。
犬の場合、体内でタウリンを合成することが出来ますので、ドッグフードの中にはタウリンが含まれていないのです。
猫は体内でタウリンを合成することが出来ませんので、食物から摂らなければならないので、必然的に栄養不足になってしまいます。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.