|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

キャットフードのご飯の配合量

生後一年に満たない子猫は、発育期にあるため成猫より沢山のカロリーが必要になります。
「猫の体重」×「100〜200kcal」、もしくは、それを越えてあげても大丈夫です。
子猫は一度に沢山の量を食べることができないために、数回に分けてあげるようにしましょう。
また高カロリーの子猫用キャットフードもお勧めです。

そして生後一年に近づくに従って、カロリーと回数を減らし、成猫の食事量に近づけていくようにします。
生後一年を過ぎた成猫の餌の量は、「猫の体重」×「80kcal」、を基準にカロリー計算を行います。
ただし室内で飼われている猫は、あまり活発に活動しないためか、エネルギーの消費量が少ないため、「猫の体重」×「70kcal」とした方がいいでしょう。

またキャットフードのパッケージに大体の量が表記されています。
成長が止まり、太ったのではないかと感じた時にはそちらを参考にしてください。
太った体重で計算をしていたら量が増えるだけ、また太ってしまうことにな閧ワす。
それでは意味がありませんので、パッケージに載っている猫の体重の平均に戻すように、まずは記載より多いようなら、それだけの量を与えて、体重の様子を見ながら量を少しづつ減らしましょう。

しかし今までお腹一杯に食べられていたものが突然に少なくなったら、お腹もすくことでしょう。
いくら成猫になったからといっても、若くやんちゃな猫にはこくというものでもあります。

そんな時には「ダイエット用」を混ぜて与えてあげるようにしましょう。
いきなりの餌の交代は慣れないかもしれませんので、少しずつ割合を変えていって、猫がダイエット用の餌に馴染むようにしていきましょう。
また食事をダイエット用に完全に切り替えてしまいましたら、キャットフードは一日に「猫の体重」×「40kcal」を2回に分けて与えてもいいかもしれません。
勿論「猫の体重」×「70kcal」の1回でもいいのですが、どちらにしても猫にそれ以上は与えないように体重管理はしっかりと行って、肥満にだけはさせないようにしましょう。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.