|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

手作りのキャットフードとは

飼い主自らの手によって作られる美味しいご飯です。

メリットは何が入っているのか確実に分かりますし、猫が自分の作った食事を美味しそうに食べてくれたら嬉しいものです。
デメリットは手間をかけても食べてくれなかったらショックですし、第一たった80gの中に必要な栄養素を入れるのはかなりの知識がいりますし、また材料もいります。
しかも確実に栄養不足と肥満に陥れやすくなってしまうために、獣医や専門家などからはあまり推奨されていないのです。

しかし「手作りキャットフード」のデリバリーがあるのをご存じですか。
作るのは知識をもった人で、食材に関しても産地などもしっかり明記されています。
「コース」などが好きなように選べて、1パック80gが冷凍されて送られてくるのです。

この「手作りキャットフード」のデリバリーは食べることでたっぷりの水分が摂れますので、あまり水を飲みたがらない猫でも水が摂取されます。
水分は猫の体のおよそ60%を構成するとても重要な必須栄養素のひとつなのですが、簡単に摂取できることから、その重要性をあまり意識されにくいものです。

ドライフードは水分量10%程度で、水が必ず必要なのに対し、 手作りの方はおよそ60〜80%が水分でできています。
ドライフードのような水分量の少ない食事は、老廃物が体内にたまりやすく、代謝も滞りがちになってしまいますので、水分はとても重要なものです。

一方、手作りのように水分量の多い食生活は、食べることで水分摂取できるために、十分な尿を出すことで体内の老廃物の排泄を促しますし、代謝も活性化します。
水分たっぷりの食生活によって猫の体を内側から綺麗にすることが、猫の自然治癒力をあげることにもつながります。
いざというときに病原菌などと戦えるだけの基礎体力作りにもなるのです。

「毎日」様々なご飯を食べさせてあげるのも、普段は総合栄養食のドライフードにして「週一」の休みの日に猫と美味しく食事をするのも自由です。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.