|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

シャム猫を飼う時の注意点

シャム猫はタイ王国原産の短毛種の猫で日本のペットショップなどでもよく見かけます。
タイは昔、シャム王国と呼ばれており、シャム王国の宮殿内で飼育されていたのがシャム猫なのです。
当時は王族や貴族などの身分の高い人が飼育していました。
手足は長く、尾もまた細く長い猫です。
耳は大きく、顔と同じくらいの面積があるのがシャム猫の特徴です。

活発なので、とてもよく動き回る習性があります。
そのため、飼育する際は広い部屋や木登り遊びが出来る場所や道具が必要になります。

猫じゃらしなども大好きで一緒に遊んであげるととても喜びます。

気品に溢れた顔立ちをしているシャム猫ですが、実はとても神経質な性格なのです。
そのため、他の品種と共同生活はできません。

シャム猫を飼育していて他の品種の猫を一緒に飼おうか悩んでいる方はシャム猫のためにも諦めてください。

その性格上、攻撃的で傷が絶えない飼い主が多く、鳴き声が大きかったために飼いにくい猫と呼ばれたこともありシャム猫を飼う家は激減しました。
しかしながら、現代のシャム猫は改良されており、むやみに鳴いたりはせず、穏やかで温厚な性格です。

しかし、神経質な性格ですのでストレスが溜まったりすると攻撃的な態度を見せることが他の品種の猫よりも比較的多く見られます。

ストレスは溜まっていませんか?(例えば環境の変化など)
飼育環境が不十分ではありませんか?(猫の数が多すぎたり、部屋の数やトイレ、エサなどは適切ですか?)

シャム猫はストレスを感じやすいのでその辺りは注意が必要です。

また、とても寒がりな猫です。(決して体が弱い訳ではありません)
冬には暖房を入れるなど暖かい環境を用意しペットヒーターなども使いましょう。

寒いと感じると毛羽立ってくるのですぐ分かります。

また、爪は危険なほど鋭いですので爪研ぎはしっかり行いましょう。
大切な家具などを守るためにも爪研ぎの場所を決め、しっかり教えてあげることも大切です。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.