|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

毛色によって違う性格

猫も、それぞれに性格が違うのはわかりますよね。
しかしそれが、毛色によっても違うといわれていることは知っていますか。

色々な性格を持った猫の性格、一つにまとめるというものは難しいですが、同じ毛色柄を持っている猫の本当の性質はというと、やはり似ている部分が多くあるようです。
同じ毛質でも違う性格だ。
というのももちろんいますが、両親双方からそれぞれに毛の色の遺伝子を受け継いで毛の色は決定されます。

なので、表面上ではキジトラに見える猫でも、実は黒の遺伝子も持っているとなれば、キジトラと黒の性質のどちらも現れる可能性があります。
なので、猫の性質はますます複雑になることになります。
ここでは代表的な柄と、性格をみてみましょう。

キジ猫は蓬よもぎや灰毛、藤猫などと呼ばれることもありますがルーツといわれるイエネコや、リビア山猫はキジトラと同様な柄ということができます。
イリオモテヤマネコなどヤマネコ系は黒ベースが多く、その中に灰色やクリームや焦げ茶が縞模様として、入っている1本の毛が全身の柄として浮かびでてきます。
これは、基本的にはとても警戒心が強いのと、後は用心深いなど。

猫に対しては、野性味の本能が強いような猫が多く、人に対しては、無防備でなつっこいような猫にみられます。
キジシロはキジ柄の部分が多くあるか、白の毛が多くあるかでまた性質がが変わってくるみたいです。

キジ柄の部分が多くあり、手足に白足袋で、喉からお腹のあたりが白いくらいの猫は、警戒心を強くもっていて、非常に賢い猫で、比較的強い猫になります。
また、逆に白が多くなることで、どんとかまえているイメージで、メスは誰の子猫も上手に育てることができ、オスは単純で明るい性格の猫が多いです。

茶トラは別名、赤、赤トラ、ヤスネコといいます。
毛の色が赤くなる遺伝子には、性染色体のX染色体にしかない特殊な遺伝子であるといえ、被毛の中に赤い毛が混ざっている猫は、やはり変わり者の性格の子が多いです。

しかし、実は臆病なところもあり、それを隠そうと攻撃的にしてみたり、逆に仲良しのようにすることで輪に入ろうとするようです。
その場その場で自分をうまくだすことが苦手で、どこでも素直になってしまう猫が多いようです。

いくつかあげましたが、これだけでもこんなに違う猫の性格。
これだけ性格が違うと、沢山性格をみるのが楽しくなってしまいますよね。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.