|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

安心できるキャットフードの選び方

ペットのえさには非常に多くの種類があり、どれを選んだらよいのかなかなか分からないことも多いでしょう。

あまり良くないえさをえらぶと、ペットの体調を崩してしまいますし、特にねこを子猫から育てるような場合には、カリカリのキャットフードではネくしっかりと栄養を摂取できるようなえさを与えなければ骨や筋肉が弱くなってしまい怪我をしやすいネコになってしまいます。

いつまでも元気で暮らしてもらうためには栄養成分がしっかりしたえさを量もあげ方も工夫してあげるようにすることでよりネコちゃんの健康を維持する事ができるので、私が子猫を育てる時に実践したやり方を参考にしてみて下さい。

まず私は生後4カ月の子猫から飼い始めることになりました。

まだ歩き方が若干おぼつかない様子でしたが、あちこち元気に歩き回るかわいらしい子でした。

まだ子どもなのでどこでも寝るネコちゃんで靴の中やトイレ、ゴミ箱の中で寝る等かなり変わった場所で寝ていて驚かされました。

そんなネコちゃんのえさは始めは安いカリカリしたえさの子ども用を与えていたのですが、健康に気を遣うようになりえさの種類を変えることにしました。

それまで与えていたカリカリのえさは完全にやめて、少し高くても魚の骨がそのまま残っているようなネコ缶を与えることにしました。

子猫なので、それほど大量に食べることもできませんでしたので、以外にもリーズナブルな金額でえさやりができました。

えさがしっかり切り変わってから変わったのがその遊び方でした。

それまではどこか眠たそうに遊んでいたのが、えさを変えた次の日からカーテンをよじのぼったり居間をひたすら走りまわったりと、家で仕事をしている私の周りでうろちょろして、かなり元気になりました。

元気に走り回っている様子でかなり微笑ましくもあり、えさを変えたことでより健康的になってくれてよかったという安心も生まれました。

子猫にはできるだけネコ缶など栄養の豊富なものを与えてあげと良いでしょう。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.