|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

幼猫にキャットフードを与えるのは注意した方がいいです

生まれたばかりの幼猫は、母猫の母乳を与えるのが基本ですが、不幸にも捨て猫になってしまうと、そんなこともいってられません。

うちには、そのような子猫が今まで5匹ほどやってきました。

近所で、あの家ネら、きっと面倒見てもらえるよと、噂がたっているのかもしれません。

その場合は、子猫専用のミルク(牛乳は、お腹を壊してしまうので与えないで下さい)を買ってくることになります。

合わせて必要なのが、哺乳瓶です。

大きなホームセンターにて、販売していてあるかと思いますが、田舎の場合は、哺乳瓶の入手に何軒もホームセンターをはしごをして見つけることになります。

本当に生後数週間ということであれば、哺乳瓶から、ちゅっちゅと吸っていきます。

お腹のほうを上にして、哺乳瓶を足で固定しながら、ちゅっちゅとミルクを飲んでいるところは、とても可愛いです。

思わず写真を撮ってしまいたくなります。

実際取ったのですが、紛失してしまいましたが・・・ しかし、それより大きくなってくると、歯が生えてくるせいか、哺乳瓶の乳首に相当する部分を噛み切ってしますのです。

ですので、皿に入れてなめさせることをお勧めします。

その後、キャットフードを与えることになるのですが、歯が生え揃ってきた所タイミングで与えてみましょう。

ドライフードを与える時には、近くに水も用意しておきましょう。

自由に水分を補給できる状態になっていないと、便が出にくくなるようです。

また、パウチタイプのキャットフードであれば、もう少し早い段階で与えても良いかと思います。

歯がなくても問題なく食べることができますので。

ただ、最初にパウチタイプのキャットフードを食べてしまうと、ドライタイプに変更することが難しくなることが問題ですね。

やはり、ネコちゃんにとっては、味が数段落ちるようです。

最近はないかと思いますが、人間と同じものを与えることは、止めてください。

人間の食べるものは、味付けが濃いものが多いからです。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.