|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

えさとして最適なキャットフードの量

ペットとして猫を飼っている人ならば一度は体験しているであろう猫の餌の上げすぎは、そのねこのわかいらしさや愛嬌から考えると仕方のないことでもあるとわかりますが、長く続けると猫ちゃんの健康に悪影響を及ぼす恐れがあるので壕モが必要です。

多くのキャットフードが栄養が少なくカロリーが多いので大量に食べるようになってしまいかなり不健康な肥満体質の猫ちゃんになってしまいます。

かなり太ってくると自由に飛び回ったりできなくなり、その遊びや行動にもすぐに疲労がみられるので相当飼い主が注意してあげる必要があります。

健康のことをよく考えたキャットフードであれば、かなり自由にえさをあげても大丈夫ですが、市販の安いえさではその量をかなり控えめにして管理してあげないと猫ちゃんの健康に害があり、場合によってはかなりつらい状況にもなるので、とにかく量を減らして、餌をあげる回数をふやしてあげるようにするとよいでしょう。

私が買っている猫ちゃんは初めはかなりえさをあげすぎてしまっていて太ってしまったのですが、少しえさの上げ方を変えるとすぐにスリムになってまた元気に飛び跳ねて遊ぶようになりました。

私がした対策は量をそれまでの7割程度にして回数を2回増やしました。

一日合計5回えさをあげて量を減らしたので、上げている絶対量は同じなのですが、それでもかなり運動したり遊んだりするタイミングに合わせてえさやりをできるので効果的に消化吸収されたようで、かなりスリムになっていきました。

体重が減ったのもよいのですが、えさをあげすぎないためか毛並みも少しきれいになってかなり良いこと尽くしでした。

猫ちゃんにとっても太ってしまってから登れなくなっていた私の机にも上れるようになりかなり楽しそうでした。

えさの種類も変えて少し値段は高くなりましたが、栄養がしっかりと入っているものを与えているので相当反射神経もよくなり遊ぶときには私のほうが体力がなくなるくらい元気になってくれています。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.