|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

ネコちゃんも年をとるとキャットフードが高くなります

我が家のモモちゃんは、21歳のメスネコです。

よくここまで、長生きしてきたものだと関心をしています。

モモちゃんには15歳くらいまでは、ドライのキャットフードを与えていたのですが、そろそろ歯が悪くなってくるだろうし、消化にもよくないだろうということで、パウチタイプのキャットフードを与えることにしました。

これを計算すると、 1日3パック×365日×58円(これが1番安いパウチタイプのキャットフードです)=年間63510円です。

これは、我が家の家計には、思い負担です。

6万3千円もあれば、焼肉に2ヶ月に1回は行けるでしょうし、ちょっとした旅行も行くことができます。

また、消費税が上がれば、もっとモモちゃんの食費は上がっていきそうです。

とはいえ、21歳という年齢(人間なら100歳に近いでしょうね)を考えると、止めるわけにはいけません。

若い頃は、2キロで700円くらいのドライのキャットフードを1ヶ月くらいかけて、消費していましたので、雲泥の差です。

うちには他にも2匹のメスネコちゃんがいますが、この子たちには悪いですが、安いものでガマンしてもらうしかなさそうです。

幸い安いキャットフードでも、黙々と食べてますので、不満は無いようです。

しかし、ちょっと余ったパウチのキャットフードを分け与えると、ガツガツと食べています。

値段の差があるだけに、やはり美味しいのでしょうね。

また、モモちゃんに対して、嫉妬心を抱いているようです。

モモちゃんが他のネコの近くに行くと、爪で引っかかれたりしています。

そういえば、最近のパウチのキャットフードでもゼリータイプと、スープタイプに分かれてきました。

スープタイプの方が消化には良いようですが、すぐにお腹が空いて、モモちゃんはご飯まだくれないのって、請求をしてきます。

ですので、うちでは、ぜーリータイプのものを与えています。

ただ、店での陳列状況を見てると、スープタイプが増えてきているようです。

ゼリータイプがなくなったら、どうしましょうかね・・・

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.