|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像

キャットフードの正しく選ぶ方法

猫を飼っている人にとって、キャットフード選びは大切です。

肉の含有量が多く、「タンパク質」の割合の高いキャットフードが猫にとっては理想的な食事だと最近は言われています。

わたしの経験上、なかにはタンパク質量の表示を増やすために、肉ではなく芋類をふんだんに含むキャットフードも存在します、ですから、原材料の欄もよく見て購入しなければいけません。

また、着色料なども、猫の小さなからだに与える影響を考えると、入っていない物を与えるのがベターといえます。

なかには安価な価格で販売されているキャットフードがありますが、できるだけ健康に長生きしてもらうためには、少しコストがかかるのも仕方ないかな、と私は考えています。

安価なフードは、猫にとっては少々味を濃いめにしているそうです。

当然、その方が「猫の食い付きがいい」からです。

食い付きが良ければ、飼い主はああコレが好きなんだと納得してリピーターになるでしょう。

しかしながら猫の体を考えれば、味は薄い方がよろしいに決まっています。

いざ猫が体調を崩した時、b医さんから勧められた療養食を食べさせようとしても、濃いめ味のフードに慣れてしまっている猫は薄味のものなど見向きもしない、となるわけです。

ですので、わたしのおすすめとしてはいわゆるプレミアムフード、特に療養食です。

これらは、本当に味が薄めです。

猫に限らず動物がお医者様にかかると、大変な出費を伴う場合が多いです。

わたしの友人にも少しでも節約しようと、安価な価格のキャットフードを与えた結果、医療費が高くついたという人もいます。

それを考えれば、普段からちょっと高めの、でも猫の健康を考えたフードを与えておいた方が結局は経済的といえます。

我が家のかかりつけの先生は、「袋に可愛い感じの猫のイラストが付いているモノよりも、地味な外装の袋のフードのほうが猫にはいい」とおっしゃっていました。

上記のことを参考にして、猫にあったキャットフードを選びましょう。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.