|キャットフード.tk

キャットフード選びの重要性を説明!評判の良いフードも比較しました!

画像
ペックをチェック!比較して決める!
画像

一口にキャットフードと言っても色々な種類があります。
カリカリや猫缶、療法食やプレミアムフードと銘打たれた製品、その他にもこのサイトで取り上げているホリスティックフードなど。
いずれも猫の為のご飯ではありますが、それぞれに特徴・スペックは異なります。

このページでは、そんな各種キャットフードのスペックをチェック!
色々な項目に分けて比較してみました。

目的

まずはフードの種類ごとに目的を考えて比較してみました。

ホリスティックフード 猫の健康状態を食事から改善することが目的。
下痢・嘔吐・肥満などに対しても効果的である。
良質な原材料を使用。
高い安全性を誇り、安心して与えることができる。
プレミアムフード 高級志向の食事を与えたい人向きのフード。
特に規定はないので、各メーカーが製品差別化の為にプレミアムフードと銘打つケースが多い。 その為、原材料の品質は従来フードと同様に低く、合成添加物も含まれる可能性が高い。
療法食 動物病院などで販売されているフード。
代表的な例としてはサイエンスダイエッ○などが挙げられる。
成分は肥満対策や腎臓ケアなどの目的ごとに適した配合になっている。
ただし、原材料の品質は低く、合成添加物も使用されるケースが殆ど。
市販される従来のフード ○のスプー○や○ンプ○などのフード。
猫缶・カリカリを問わず、最低限の栄養価を約束しているだけのものが多い。
原材料の品質は低く、合成添加物も使用されるケースが殆どである。

原材料の品質についての問題や合成添加物の危険については、こちらのページで説明しています。
【市販のキャットフードはリスクがいっぱい!?】

人気ホリスティックフードの比較
画像

上記の通り、ホリスティックフード以外は対した違いがないのが実情です。
当然、愛猫の健康や安全を考えるのであれば、選ぶべきはホリスティックフードということになるかと思います。
そこで、ここでは人気のホリスティックフードを比較してみました!

もちろん下記のフードは全ての原材料がヒューマングレード。
合成添加物や化学保存料などは一切使用されていません。
また、公式サイトなどで全原材料を明示しています。

フード名
穀類/嗜好性/価格
カナガンキャットフード
グレインフリー(穀物不使用)である。炭水化物源としてはGI値の低いサツマイモが使用されている。
嗜好性が高い(食いつきが良い)
価格のバランスも良く、コストパフォーマンスは非常に優れている
→公式サイトへ
オリジン
高GI穀類不使用。代わりに猫が自然に食べる植物などを配合して炭水化物源としている。肉80%フルーツ野菜など植物20%穀物0%。
嗜好性は比較的良い
価格は340gで1296円~と割高。コストパフォーマンスは若干悪いが、より高い品質を求めるならおススメ。
→公式サイトへ
犬猫自然食本舗
無農薬もしくは減農栽培された8種類の野菜・8種類の穀類を使用
お試しセットがあるので嗜好性を確認することも可能
お試しフルセットは1800円。平均的な価格帯。
→公式サイトへ

総合的に評価すると、やはりカナガンが飛び抜けてコストパフォーマンスに優れている印象を受けます。 悩んでいるなら、ぜひコレを与えてあげて下さい。
オリジンは品質は高いのですが、その分だけ値段が割高です。

ウェットフードも選択肢に入れたいという場合は犬猫自然食本舗から選ぶのも良いでしょう。

Contents

文字の大きさ変更

品質ランキング

    カナガンキャットフード


    オリジン


    犬猫自然食本舗


Other Items

Copyright© 2010 Catfood.tk All Rights Reserved.